情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

この情報商材に騙されるな!?!(松島和夫...)~情報レビュー&暴露~2010.03.16

インフォスタイルランキング...この言葉を聞いたことがありますか?
インフォスタイルランキングとは、30日間で最も売れている情報商材をランキングにしたものです。
私は「これって本当なの?」と思っていた情報商材がありました。しかもインフォスタイルランキングでは、いつも上位に顔を出しているのです。
それが、販売者:松島和夫「貴方の固定報酬を「確約」する、私から貴方への違約金300万円を賭けた前代未聞の事業契約」という情報商材です。
この松島和夫の情報商材に関する口コミ・レビューをいろいろ読んでみました。実際、多くの方々が詐欺商材として訴えを起こしているようです。しかし、返金申し立てをしている人が増えていることと正比例するかのように、松島和夫の情報商材は売れ続けているのが現状のようです。
すべての情報商材が詐欺まがいと言っているわけではありません。詐欺商材と思われるものを購入しないためにも、いろいろ見聞する必要があると言っているのです。
私が「この商材は絶対におかしい!」と思ったものの一例を挙げておきます。
「日下部 翔太=森本 啓照」「三浦節子」「松沢 圭」「鈴木康二」「大塚和弘」(販売者)「ロムスカ・インターナショナル=株式会社鈴木開発興業」「有限会社野路興業」「WEBjコンサルティングサービス」「株式会社ファインサクセス」(企業)...
あくまでも、これらは氷山の一角に過ぎないのです。私から言えることは「この販売者・企業の情報商材は絶対に購入してはいけない」ということです。
詐欺師は、これからも様々な手法で情報商材に罠を仕掛けてきます。金額の大小関わらず、あなた自身の冷静な判断が求められるべきです。
私が考える情報商材の詐欺に合わないための条件を挙げておきます(購入する前の事前調査)。
(1)購入する情報商材がいつ販売されたか(古くから販売されている情報商材はある程度信用がおける)
(2)自分自身のパソコンスキルに合っているかどうか(難し過ぎれば、購入しても使うことができない)
(3)情報商材購入する前に、必ず口コミ・レビューサイトを一読すること(読めば詐欺商材かどうか確認できる)
(4)電話対応があるかどうか(直接通話出来ればある程度信用がおける、しかし通話ができなければ購入に対して?である)
世間が不況と言われている昨今、少しでもお金を稼ぎたいと思う人がいることは、何ら不思議な事ではありません。しかし、その狭間に潜む詐欺商材(詐欺師)が見え隠れしているのも事実です。
最後に繰り返しになりますが「情報商材を購入する時、自分自身の冷静な判断力」が問われます。

更新情報