情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

情報商材のキャッシュバックについて~情報レビュー&暴露~2010.03.18

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)...ASPはインターネットを中心にした成果報酬型広告を配信するプロバイダーのことを意味します。
広告主(販売主)はASPを仲介(媒体)として、個人・法人が運営しているウェブサイトに広告掲載を依頼します。そして、一般ユーザーに掲載商品が購入されればもちろんのこと、、様々なものに成果条件(広告サイトクリック等々)を設定することによって、アフィリエイトサイトに広告料を支払うシステムです。
そして、情報商材としてのASP最大手がインフォトップです。
数年前から、ちょくちょく話題にのぼっている「情報商材キャッシュバック」をご存知でしょうか。
情報商材キャッシュバックとは、そのサイトの如く、情報商材をキャッシュバックサイトで購入すると、現金が還元されるシステムになっているのです。つまり一般ユーザーにとって、高価な情報商材を激安・割引価格で購入することができるわけです。しかも、いろいろな特典をつけたキャッシュバックサイトもあるわけで...。
しかしインフォトップにしてみると、もともキャッシュバックサイト自体、考えもつかないサイトだったのではないでしょうか。何故なら、情報起業家にはASPを介在して自由に報酬を設定できる権利があるからです(高めの報酬を設定しているので、割引等々で売ればアフィリエイターの利益を減らすだけと考えていたからです)。
2007年10月、インフォトップでは情報商材によってキャッシュバックを容認するか否かの決定を、情報起業家自身が選定できる制度を新設しています。情報起業家のほとんどが「NO!」を選択しているにも関わらず、キャッシュバックサイトはジワジワ増えているのが実情です。
今の段階でインフォトップは、あくまでも黙認を貫いています(実際、規制がないため、すべての情報商材がキャッシュバックの対象になっています)。
いずれにせよ、インフォトップもこのまま黙っているわけにはいかないと思います。近い将来、必ずキャッシュバイクサイトへの規制を実施するはずです。
ちなみに、情報起業家には報酬設定の権限が残されています。その権限を利用して、情報商材キャッシュバックサイトへの報酬を、かなり引き下げる可能性も含まれていると思います。つまり、実力行使です。そうなると、予測しにくい様相になっていく可能性も...。
あなたが「どうしても欲しい情報商材」あるならば、キャッシュバックが利用できる今、購入することをお薦めします。

更新情報