情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

良い情報商材の選び方~情報起業家~~情報レビュー&暴露~2010.03.20

情報商材が益々盛り上がっている状況になっている昨今、情報起業家と呼ばれている人も急激に増えてきました。
情報起業家(インフォプレナー)とは、自分自身・もしくは企業としてある事柄に成功を納め、そのノウハウを電子ブック等々の形態で販売する人(企業)を指します。
下手をすれば蔓延しかねかねない情報商材の中で、アフィリエイターはどのように良い情報商材を選ぶべきなのでしょうか。
アフィリエイターは確かに数多くの情報商材を見ています。それはメルマガ・ブログ等々の媒体を持っているため、情報起業家から「内容を吟味された上で良いと思われたなら、アフィリエイトしていだけませんか?」という主旨のメールが届くからです。
しかしながら、情報商材の内容を吟味したとしても「これはっ!」というものが少ないのも現状です。仮に「まぁまぁだからしてみようか」という安易な気持ちで引き受けてしまったとします。そして、一時はアフィリエイトとして利益が上がると思います(情報商材の範囲が広がるため)。
しかし、その安易さがアフィリエイターとしての自分を安売りしてしまう結果に繋がるのです。
良い情報商材を選ぶ一番の観点は「実績を伴ったノウハウ」であることです。
情報起業家とメール・電話等々で話をして、ノウハウオンリーを売ることに目線がいっている情報起業家ならば、アフィリエイトすることは絶対にあり得ません。まずは成功ありきです!つまり、成果に培ったノウハウを公開することで、一般ユーザーにも利益を還元できるわけですから。
情報起業家からアクセスを求められ、その情報商材が成功しているかどうかの見極め...おかしなことに、情報起業家の無料情報で収集できるから不思議なものです。
無料情報は内容を完全には把握できない情報商材にとって、非常に有効な判断基準になります。
良い情報商材を選ぶもう一点あるとすれば、情報起業家とのメール、及びサポートの有り方だと思います。もちろん、アフィリエイター自身もきちんと情報収集して調べなければなりませんが、情報起業家とのメールのやり取りで真意を推し量ることもできると思います。
アフィリエイトする前に、情報起業家にメールを送信してみてください。返信された中で「役立つ情報があるのか」「的確な助言・アドバイスをなされているか」等々、この部分だけを知るだけでも、十分今後の対応に参考になると思います。
情報商材は一読して、すぐ成果が求められるものではありません。書かれている内容を何度も何度も熟読し、数ヵ月かけて実践する...その結果、初めて成果が出るわけです。
アフィリエイターに関わらず、一般ユーザーにとってもそれは同じことだと言えます。

更新情報