情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

情報商材としてのアフィリエイトで稼ぐ絶対条件~情報レビュー&暴露~2010.03.21

情報商材としてのアフィリエイトで稼ぐための絶対条件って、一体何が必要だと思いますか?
パッ!と考えてみると、(1)ブログ (2)ウェブサイト (3)メールマガジン...この3つが思い浮かぶと思います。
(1)ブログは最も重要な媒体の1つです。何故なら、何かあればすぐにコメンタリーできる、つまりタイムリーな情報発信を供給できるからです。実際、私の知人も55ブログサイトを作り、情報発信を心掛けているアフィリエイターもいます。とにかく、アフィリエイターであれば100%に近い確率でブログに取り組んでいると思います。
(2)ウェブサイトに関してはいろいろ考え方があると思いますが、SEOの集客に賭けるために、敢えて「制作してしまえば、いじらない」ことにしています(当然のことながら、キーワードの選択・テンプレートを間違えてしまうと、二束三文になります)。
(3)メールマガジンの位置づけとして、私はこう考えています。「攻めの媒体(材料)」...何といってもメールマガジンは、一番に知らせたいがための情報伝達の要になりますから(かく言う私もマグマグしか持っていませんが)。それに付随して、ステップメール機能も付けておくべきです(ステップメール機能=登録したメールアドレス読者に、仕組んだメールを順番通りに配信するシステム)。
上記の3つは、情報商材としてのアフィリエイトで稼ぐための絶対条件になります。もう1つ、加えるとするならば、それは無料レポートです。
無料レポートとは、一般ユーザーが欲しがっている情報を無料で提供することをいいます。ただし条件として、自分のメールマガジンなどを購読してもらわなければなりません。そういった観点からみても、メールマガジンは「攻めの媒体(材料)」というわけです。
これらはアフィリエイターが稼ぐための絶対条件ですが、根本的な部分を忘れてはいけません。それは「売る力」です。つまり、文章力です。
テレビ通信販売「ジャパネットたかた」 みなさんもご存知だと思います。ジャパネットたかたは、ダラダラと商品説明をしていません。長崎弁を武器に一般ユーザーの心に「あったら楽しいだろうなぁ」とイメージを膨らませることが上手いから、よく売れているのです。
アフィリエイターにとっての文章力、それは儲かる文章を書くことができるかどうかなのです。
では、儲かる文章とは?それこそ、自分自身で考えつくものです。
情報商材としてのアフィリエイトで稼ぐための絶対条件...儲かる文章があってこそ、ブログ・ウェブサイト・マールマガジン・無料レポートが活かされるのです。

更新情報