情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

怪しい副業を見分ける~儲かる情報購入~~情報レビュー&暴露~2010.10.25

ネットを使った副業を志す人にとって、もっとも目に飛び込んでくるものとして「儲かる情報購入」が挙げられます。この「儲かる情報購入」ほど、怪しげな副業はないかもしれません。
では何故、「儲かる情報購入」を怪しげな副業としてみなさなければならないのでしょうか。
「儲かる情報購入」...この情報が自分自身(副業)にとって、正当な価格で売られているかどうかが問題となります(=「情報に対する対価」)。しかし内容が情報であるため、購入するまで詳細は一切わかりません(仮に情報わかっていれば、買う人はいません)。
「儲かる情報購入」について、ここまで話した時点で...もうおわかりかと思います...「儲かる情報購入」=「情報商材」のことです。
情報商材は、ある意味、副業を志す人々のよりどころ的な部分を持ち合わせているのも事実です。
何故なら情報商材として、ネットによる副業で成功を収めた人の最新のノウハウが、売られていることもあるからです。その希少性を考えれば、30.000~40.000円と高額な値段に設定されていることもあります(情報に見合う金額)。実際、そのような手引的な情報商材は、書店では販売されていません(学ぶこともできません)。
しかし「怪しい副業=全く役に立たない情報商材」を、数万円という金額で販売している詐欺的業者も、多く存在している事実を認識しなければならないのです。
私たちが副業として購入することができる情報商材...その情報商材を購入するには、ASPと呼ばれる販売場所(ネットウェブサイト)を提供している企業を通じて購入することができます。その代表的なASP企業として、インフォトップが挙げられます。この企業は、私たち副業を志す者が詐欺的情報商材を購入しないように、事前に情報商材の中身を審査しています[詐欺的要素が含まれる情報商材(業者)は、その場で除かれます]。
このように情報商材で被害を無くそうとしている企業もあれば、「そんなことはお構いなし」と言い切るASP企業もあります。その企業が(要請により削除)です。
(要請により削除)は、事前に売りに出される情報商材を審査することなく、ピックアップ商材・注目ランキング商材に詐欺的情報商材を全面に販売しているのです。私たち副業を志す者は陰湿極まりない(要請により削除)のような企業が、存在することも覚えておかくなくてはならないのです。
怪しい副業を見分ける...「儲かる情報購入」=「情報商材」...ネットによる副業を志す人ならば、「儲かる情報商材」をすぐ購入するのではなく、事前にネットでその情報商材の評判(口コミ)を調べる等々、ある程度の時間と労力を使うことが賢明だと言えます。

更新情報