情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

週末起業(副業)で成功しやすい職種を考える~情報レビュー&暴露~2011.04.05

私たち本来の業務は、本業の仕事であることは言うまでもありません。しかし、本業を続けながら副業(=週末起業)をするとなると、様々な制約条件もさることながらサイドビジネスの種類も限られてきます。
(ちなみに週末起業とは、月曜日~金曜日の日中は副業をせず、週末の土曜日・日曜日だけ副業することをいいます)
では実際、副業(=週末起業)にはどのような職種が成功しやすいのでしょうか。
まず条件項目として、平日の間に見込み客から○受注→○商品引き渡し→○代金回収→○ユーザーサポート...つまり、これらの一連の流れを自動的に行うビジネスが、副業(=週末起業)として最適だと考えられます。
そこで考えられる職種として、インターネットを介した通信販売...中でも、情報通信販売が挙げられます。
(情報通信販売=情報起業...つまり、気になる情報商材を一般ユーザーへ販売することをいいます)
事実、会社員が情報起業家としてビジネスに手掛けています。
情報通信販売は上記で説明したように、インターネットによって一般ユーザーから注文を受け付け、クレジットカード決済...何よりも「気になる情報」が商品であるので、在庫もほとんど皆無...PDFなどの商品形態を使えば、発送業務もほとんど皆無なのです。
つまり情報起業家は「形があるもの」を販売するのでなく、「形のない自身の脳内にある情報」を販売するのです。
情報通信販売のメリットとして...
○とにかくランニングコストが安い。
○商品形態は情報...商品原価を換算すれば「ほぼ0円」(在庫を抱える必要なし)。
○販売から決算まで、すべてインターネットで完結(自動化)。
あと実務業務として週末に、その情報商材に対してのメールマガジン発行・顧客や見込み客に対する質疑応答等々をするだけです。
様々なサイトを見ると、情報起業家としての副業も氾濫し過ぎと思われるかもしれません。
しかし、実際はそうでもありません。何故なら、新しい情報=自身の脳内に隠されているからです。
様々な情報に対して疑問点を投げ掛けることで、新たな情報商材が必ず見つかります(自身の感覚・感性でもありますが...)。
平成の大不況に始まり、東北地方大震災・福島原発問題...世間も会社も不穏な動きを見せる中で、きちんとしたビジョンを組み立てることで、あなた自身の方向性が見えてきます。
是非、副業(週末起業)にチャレンジすることをお勧め致します。あなたの脳を最大限に活用してください!

更新情報