情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業としてのアフィリエイトを薦める理由~情報レビュー&暴露~2011.04.11

一般の人々の中には、副業で得た収入を「どうせ変なことをして得たお金何だろう。」と思っている人も多いと聞きます。
確かにごく少人数ですが、怪しい副業で収入を得ている者がいるのも事実です。
(それを購入して役に立たなければ、騙された(=怪しい副業)いうと認識が生まれます)
もちろんビジネスに関われば、ある程度のお金がかかるのも当然の結果だといえます。
しかし副業に関して言えば、ほとんど元手が掛からず始めることができるものもあるのです。
そうした副業の中で、最も優れたものとしてアフィリエイトが挙げられます。
[アフィリエイト...自身のwebサイト・メールマガジンに企業サイトのリンクを貼ります。一般ユーザーが自身のリンクを経由して、企業サイトで商品を購入・企業の会員登録等々をすることで、成功報酬が得られる手法をいいます。]
しかし、アフィリエイトは内職・アルバイトのように労働報酬が確実に得られるわけではありません。
つまり成功報酬であるため、自身が運営するサイトでの広告・掲載方法が上手くなければ、副業としての収入を上げることができないわけです。
元手が掛からない副業=アフィリエイトの場合、自身の運営サイトを訪問してくれた一般ユーザーが、リンクを貼っている企業サイトでひとつでも多くのリアクションを取ってもらうような戦略が重要になってきます...(お金に代わって)知恵が必要になってきます。
(例えば、企業サイトと全く関係のない自身の運営サイトからリンクを貼ったとしても、一般ユーザーの目に留まることはありません)
私が、インターネットを使った副業としてアフィリエイトを薦める理由として...
とにかく他の副業の場合、効率の悪さを考えるからです。
例えば、ネット副業でポイントサイトがあります。
ポイントサイトは単にメールを受信するだけ...受信後のアクションも必要ありません。ノーリスクで副収入を得ることができるのも事実です。
しかし、ポイントサイトはかなりの労力を伴う必要性があります(=相当数の量をこなさなければならない)。
そして、他の副業(=ネット懸賞サイト)も同様です。量をこなさなければ収入を得られない...(時間という労力の無駄)
アフィリエイトの場合、しっかりした手段さえ行えば必ず報酬は上がってきます。
アフィリエイトは労力が多い他の副業よりも、限られた労力で収入を得ることができるわけです。
もちろんすべての副業に言えることですが、正しい手段で実践しなければ無駄に終わってしまいます。

更新情報