情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

ドロップシッピングとネットショッピングの違い~情報レビュー&暴露~2011.05.16

インターネットが当たり前になった時代...誰もが副業をしてみたいと思うのは、当然の欲求だと思います。
しかし副業=収入だけが目的であれば、どうしても長続きしないのが現状...やはり、楽しさがないと継続できません。
そこで、私が勧める副業をご紹介します。みなさんは、ドロップシッピングという言葉をご存知でしょうか。
ドロップシッピング=自分のサイト・ブログを使って商品を販売する副業なのです。
ここで、勘違いされる方がいるかもし得ません...「ネットショッピングと一緒じゃないの?」「売れて始めて利益が出るわけだから、難しいよ。」...
ドロップシッピングとネットショッピングには、大きな違いがあります。
○ドロップシッピング...
まず、在庫を仕入れる必要がありません。つまり、自分が売りたいと思った商品に対して画像・セールストークを載せて、販売会社のサイトに一般ユーザーを誘導し購入してもらえばいいわけです。もちろん、在庫を仕入れる必要もないので、梱包・発送もする必要はありません。すべて販売会社が行ってくれます。
もう1つの特徴としてドロップシッピングでは、商品に対して自分で価格を決めることができるのです。「販売価格-仕入価格」=利益になります。
このようにドロップシッピングは、「いかに商品にお得感を感じさせ、セールストーク=キャッチコピーで一般ユーザーを惹きつける」ということに勝負がかかっています。
これぞ「副業の醍醐味」ではないでしょうか!
次に、ネットショッピングの不利益性を検証してみたいと思います。
○まず商品を購入しなければならない(在庫負担、売れ残れば無条件に損失を生じます)。販売サイト(ネットショッピング)が完成しても...集客も独自で行わなければなりません。また個人で在庫を持つため商品が購入されれば、商品梱包・発送、そしてお客様からのクレーム処理等々、すべてを自分自身で行わなければなりません。
ここまで明記すれば、ドロップシッピングとネットショッピングの違いが明確にわかると思います。
ドロップシッピング...商品が売れれば利益...売れなくても損失は0円。
ネットショッピング...商品が売れなければ、仕入れた在庫品分だけ損失を計上。
どちらが楽しく、やりがいを持って副業ができるか...一目瞭然です。
もちろん、ドロップシッピングでもすぐに利益を得られるわけではありません。何時間・何日・数週間作業を行っても、売上げが思うように伸びないことも。
何でもそうですが楽しく稼げる前に、きちんと勉強することも必要です。そして下地を作って...さぁ!始動となるのです。

更新情報