情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業にとって、効率の良い時間帯を考える~情報レビュー&暴露~2011.06.01

2010年度、あるアンケートで「就労人口に対する副業をしている割合」が発表されていました。その割合=10.1%!
もはや10人に1人が、何らかの形で副業に関わっているということです。
そこで今回は、副業の時間帯について考えてみました。
私も副業をしている1人ですが、副業時間を変えることで収入がアップしたことに触れてみたいと思います。
以前は、本業が終わり夕食後...ダラダラとテレビを見ていた時間帯に副業をしていました。実際、その時間帯が理想の配分であると疑ってもいませんでした。
しかし、あることに気付いたのです...「1日中、本業で働いた後に副業。気力・集中力も長続きせず、ダラダラ時間が経つばかり。」...
つまり、モチベーションが低下してるので、副業もはかどらなかったのです。
そこで考えたのが、朝に副業を行うことでした(よく学生が朝に勉強すると「効率がはかどる」と...)。
実際、朝型にシフトを変えただけで、1日1日に対する効率性が劇的に改善していきました。
私の場合、8時に出社するのですが、朝5時に起床することにしました(もちろん、すべてタイムスケジュールを練っています)。
そして5:30~7:30...朝の2時間、しっかり副業に専念しました。
朝型生活は、すべての面において大正解の選択でした。
まず、効率よく副業ができたおかげで、会社に就いてからもモチベーションが下がることがなかったのです...つまり副業だけでなく、本業においても効率が良くなっていきました。
そして効率よく仕事がはかどることで、今まで多かった残業時間も縮小することができました。
私の勤めている会社でも、副業は認められていません(明確ではありませんが)。
しかし副業のためとはいえ、朝型シフトに変えることで本業に対しても良い成果が上がっているわけです。
また、私は朝型シフトに変更することで、自分の考え方も変えていきました。
上記に「5時起床」明記しましたが、もちろん寝過してしまう場合もあります。
その時、私はこう考えます...
「5時起床の予定が6時になってしまった。でも昔なら7時まで寝ていた。6時に起床しても、まだ1時間も早起きじゃないか!私は頑張っている!」
つまり、否定的な考えは削除...すべてにおいて、肯定的な考えで物事を捉えるようにしました。
副業に膨大なお金を掛けることはできません。お金を掛けない変わりに、できる範囲で時間を掛ける...
ポジティブ思考でコツコツとできる範囲で副業を行う...もちろん、今でも継続しています!

更新情報