情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

本業と副業のバランスの取り方を考える~情報レビュー&暴露~2011.06.05

本業と副業のバランス...もちろん自分なりのスタンスで、本業に支障が生じないのであれば問題はありません。
しかし、本業と副業のバランスが崩れてしまうと本末転倒になりかねません。私自身も副業を始めた時、そうなりかけた経験もあります。
ここでは本業に支障をきたさないための、副業の基本的原則に触れてみたいと思います(これだけはしてはいけない・守るべき原則)。
○本業勤務時間中に、副業を行わない=当たり前のことですが、どちらも中途半端になってしまい...その結果、両方とも成績を伸ばせられない。
○副業が多忙のあまり、本業勤務中にボ~ッとしたり居眠り等々をしない=これは最低の行為です。本業はもちろんのこと、副業にも弊害を及ぼします。
○本業で行っていることを、副業に利用しない=つまり、本業独自のノウハウを副業に利用し利益を得る...これは違法行為として罰せられます。
上記で触れた副業の原則は、往々にして副業をし始めた直後に起こりうる可能性を含んでいます。
「しっかり副業で儲けて、自分の好きなことにつぎこむぞ!」...つまり頑張ろうという気持ち→浮ついた感覚に陥り、本来あるべき副業のスタンス・バランスを見失ってしまうのです(1日中、副業のことしか考えられない状態)。
しかも副業をする場合、会社の就業規則が大きなネックになります。
もちろん「原則として副業禁止」と明記されていれば、会社に黙って副業をしなければなりません。
そうした状況にあるにも拘わらず、上記で触れた行動を取っているとすれば、すぐにばれてしまいかねません。
(会社の同僚たちに「副業をしている」ことを言うことも論外です...嫉妬やねたみが付きまとい、会社にばれます)
せっかく副業を実践し始めても、見つかってしまえば...副業どころか、本業に対して大きな大きな支障をきたします(解雇など)。
本業と副業のバランスをきちんと取ることができれば、必ず「本業-副業」=「Win- Win」の関係を築くことができます。
本業と副業...偏った考え方をするのではなく、両立する心のコントロール・モチベーションが重要な鍵になるわけです。
「副業で得た利益を自分のためだけに使う」のではなく、「副業で得た知識を会社の利益にもなる」ように意識する...
副業をし始めた時から、こうしたバランスを脳裏に焼き付けておけば、必ず本業・副業も上手くいきます。
これから副業を始めようとしているみなさん...是非、バランスを考えて副業にチャレンジしてみてください。

更新情報