情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業で月収+50.000円!(生活向上)~情報レビュー&暴露~2011.07.02

よく「お金が無くても、愛情があれば幸せになれる」という下りを耳にしますが、やはり「お金があって、愛情もあった方が幸せになれる。」のは自然の摂理だと思います。
特に日本のよう先進諸国で生活をする上で、お金は必要不可欠な道具です。実際、お金に余裕が無くなると、心の余裕も無くなるのも事実ですし...。
(日本の犯罪のほとんどが、お金絡みの事件であることも周知の事実です)
そのためにも、私は「副業で月収+50.000円!」を提案します。
考えてみましょう...あなたの月収が50.000円増えたら!
もしかすると、生活サイクルが急変するかもしれません。
例えば、今より間取りの広いマンションに住める(住宅ローンも楽になる)...家族そろって外食もできる...自身の会社で、飲み会等々も自由に参加できる...自分の趣味に熱中できる...子どもたちを連れて遊園地や動物園に連れて行ける...
月収が50.000円増えるだけで、これだけ楽しい出来事が想像できるのです。
ただし月収を50.000円アップしようと思ったら、本業だけでは難しいのが現状です(数年はかかってしまう)。
そこで、副業の意義が問われます。
つまり、自身で考えて行動に移す副業であれば、月収+50.000円は決して難しい金額ではないのです。
(副業でお金を稼ぐことは、自身の視野・行動力が広がる手段の1つとして認識するべきです)
私の場合、本業は自分のためにしているわけではありません。
本業で得た給料で、家族と共に暮らしていくため...それを生きがいとして労働しています(=つまり、自分が決して楽しんでしている労働ではないのです)。
もちろん、副業は本業とは違う目的で労働しています。
それは生きがいであり、楽しさを伴う労働であり...つまり私にとって副業とは、新しい自分の可能性を発見できた労働だったのです。
しかし、こういう言葉を耳にします...「副業は自身の時間を削ってするものだし、精神的負担も大きいのではないか?」と...
それは違います。自分に適した副業をしているので、負担や苦労ではなく、楽しみや趣味の領域に変化しているのです。それで収入を得ている訳ですから...
確かに、幸せをお金で買うことはできません。
しかし、お金=幸せを感じることが多い世の中で生きているなら...本業+副業、お金を絡めた将来設計を考えることも重要だと思います。
この考えは、あくまでも私個人的なものです。みなさんは、これを読まれてどのように感じられたでしょうか!

更新情報