情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業とSEO対策について~情報レビュー&暴露~2012.04.07

私は本業以外に、副業としてサイトを運営しています。
もちろん、副業であってもサイト運営者として、検索エンジンで上位表示されなければ意味がありません(売上げも立たないわけです)。
ということで、今回は私が知っているSEO対策について触れてみたいと思います。
2010年春、日本の検索エンジンはyahooとgoogleで90%のシェアを取っていました。
その年の夏、すごいことが発表されました。それは、yahooがgoogleの検索エンジンを採用すると発表したのです。
そして2010年冬には、正式にgoogleの検索エンジンがyahooで使われていました。
ですから、日本の検索エンジンに対するSEO対策=google対策といっても過言ではありません。
SEO対策...本当に難しいです。わかりづらいです。
実際、yahooとgoogleがSEO対策で「何が最も重要なのか?」「どの要素がSEO対策に組み込まれやすいか?」等々の見解をまったく発表していないため、わかりようがないというのもあります。
しかし、SEO対策で重要であろうと考えられることがあります。全部ではありませんが、ここの一部紹介致します。
○内部SEO対策として...
[・サイトのタイトル ・サイトの記事タイトル ・サイトの記事数 ・サイトのコンテンツ量 ・サイトの説明 ・サイトのキーワード文字出現率 ・表示までの時間 ・サイトの運営期間]等々...
○外部SEO対策として...
[被リンクの質、及び被リンクの数量]等々...
そして最近、SEO対策として絶大な力があると思われていたyomiサーチが、どうもだめになったキライがあります。
要するに登録すればするほど、検索順位が下がるという悪循環に...
私も結構登録していたので...正直、痛手をくらいました。
そして今、SEO対策に対して最も信憑性があるのが、被リンクです。
(被リンク...簡単に言えば、コンピューターに文章を読ませる。といって、コンピューターの文章は認識しないというから厄介です。)
実際問題、被リンクはなんだかんだ言ってもSEO対策では鉄板です。
もちろん、私には本業があります。そうした中、副業をやっているわけですが...SEO対策とライティング業務さえしっかり遂行すれば、自ずと副業で稼ぐことができる金額がグ~ンと増えるのではないのかなぁと、考えてみたりしているわけです。
もし、これが現実のものとなったら...私の中で、本業と副業が逆転するかも...と、思っているわけで...。
といいつつも、やっぱり甘い考えなんでしょうね!

更新情報