情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

Google(グーグル)のSEO対策について~情報レビュー&暴露~2012.04.15

Googleは日本のシェアのみならず、欧米でのシェアも勝ち取った企業です。
そのため、私たちは副業をしていようがしていまいが、Googleの基本的なSEO対策は押さえておく必要があると思います。
ここでは、Googleの基本的用語について触れてみたいと思います。
○ページランク...
Googleの中で、顕著な特徴の1つにページランクがあります。Googleでサイトを開くと、緑の横棒があると思います。それがページランクを示していて、すべてのページを「0~10の合計11段階」で評価しています。もちろん、ページランクが高ければ高いほど、上位に検索される傾向にあります。
(例えば、yahooならページランク8です。)
しかし、ページランクがすべての検索順位を決定しているわけではありません(=確かに、大きな影響力は持っていますが)。
またページランクは、リンクされる数が増えれば増えるほど高くなる傾向にあります。
つまり...多くのユーザーからリンクをされる=役に立つサイトとして認識され、必然的にページランクはアップします。
○Googleの検索ロボット...
Googleの検索ロボットの場合、完全にロボットによる検索のみ行われます。それ故、私たちが構築するサイトはGoogleの検索ロボットに検索されやすく、しかもホームページの説明を行ってあげなくてはいけないのです。
Googleの検索ロボットは、XHTML+CSSの技術によって作成されたホームページを好みます。
(この方法で作成されたホームページは、検索ロボットに検索されやすいからです。)
それと、「ホームページの説明=meta文」を本文中に散りばめることで、「そのホームページが、どのような情報を記載しているか。」検索ロボットに知らせなければなりません。
つまりサイトを作成する場合、タイトル・メニューや本文、画像の説明等々=検索されたいキーワードを全て組み込むホームページがベストだと言えます。
○Google AdWords(グーグル・アドワーズ)...
Google AdWords(グーグル・アドワーズ)は、Googleが提供しているキーワード連動型広告スペースをいいます。
(リスティング広告で、クリックされるごとに広告料が発生します。)
確かに宣伝効果としては抜群の影響を持っているのですが、広告料が莫大に膨れ上がる可能性があるため、1日の広告料金を決めることで、コスト管理を設定することができます。
またGoogle AdWords(グーグル・アドワーズ)は、1クリック=1円からすることができます。そういう意味では、一般ユーザーへの効果も非常に影響力があるのではないかと思います。

更新情報