情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジンについて~情報レビュー&暴露~2012.05.11

副業をされているみなさんであれば、検索エンジンに登録したことがあると思います。
そして検索エンジンへの登録を繰り返し行うことで、検索順位が上昇すると考えられています。
(ただし最近になって、どうも検索順位に???が付きはじめていますが...)
この検索エンジン...実は2種類に分類されているのをご存知でしたでしょうか。
~ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジン~
例えば、yahooなどの検索エンジンはディレクトリ型...そして、googleの検索エンジンはロボット型です。
もちろん、検索エンジンはこの両者を兼ね備えています。
そういう観点では、ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジンは同類と呼べるかもしれません。
しかしディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジンには、決定的な相違点があります。
○ディレクトリ型検索エンジン...
ディレクトリ型はエディタの審査によって、合格したサイトのみが登録されます。もちろん質も高くなるため、ディレクトリ型への登録サイトはロボット型に比べて少ない傾向にあります。
(エディタ=一般的に、データの編集を行うためのアプリケーションソフトをいいます。)
○ロボット型検索エンジン...
通常、「スパイダー」「クローラー」と呼ばれるロボットたちが、世界中のサイトを絶えず自動巡回しています。それをロボット型といいます。ロボット型はディレクトリ型よりサイト数が多いのですが、ロボット自身が処理をしているため、処理能力も早くタイムリーな情報提供に繋がるといえます。
これが、ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジンの最も大きな違いです。
しかしもう1つ、決定的な相違点が隠されています。
実は、ロボット型検索エンジンだけがSEO対策に関連しているということです。
(ディレクトリ型は、SEO対策の対象外になります。)
では、ディレクトリ型検索エンジンは何のためにあるのでしょうか。
確かにディレクトリ型はSEO対策の対象外ですが、検索順位を上げるためのの重要な役割を担っています。
1つはディレクトリ型検索エンジンに登録されることによって、検索順位を優先してくれる傾向があることです。
そしてもう1つは、ディレクトリ型に登録されることによって、有力サイトから被リンクを得ることができる→つまり、検索順位を上げる可能性が高いということです。
ディレクトリ型検索エンジンは、ロボット型検索エンジンの検索結果に多大な影響をもたらしているのです(=いわゆる、縁の下の力持ち的存在)。

更新情報