情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業~スポーツインストラクター~~情報レビュー&暴露~2012.07.15

もしみなさんがスポーツの資格や技術を活かすことができないかと考えているのであれば、是非その特技を副業に活かしてみてはいかがでしょう。
下記に紹介するスポーツは、インストラクターとして...副業として、十分メリットがあると考えられます。
○水泳インストラクター...
水泳インストラクターの場合、「水泳指導員」としての資格が有効活用できます。
(※水泳指導員=日本体育協会「水泳C級スポーツ指導員」/日本水泳連盟認定「アシスタント指導員」が、水泳指導員に該当します。)
水泳インストラクターは、スイミングプールで頼まれるケースも多いと思います。
仮にそうした環境にない場合、市営プールや区営プールなどに売り込みを掛けてみてはいかがでしょう。
どちらにせよ、水泳インストラクターとしての副業は市場が多いので、十分副業として活用できると思います。
また収入については、スイミングスクールの母体運営/自身のキャリアによって変わります。
○スキーインストラクター...
スキーインストラクターの場合、「基礎スキー準指導員」の資格を有することが条件とされます。さらに講習を受けて試験に合格すれば、「スキー指導員」としての資格を得ることもできます。
スキーインストラクターの副業収入は、1日6.000円前後ですが...「スキー指導員」になれば、もちろん日給はアップします。
またスキーは冬季限定であるため、事前に人材派遣会に「スキー準指導員資格有」で登録/アルバイト情報誌の求職サイトなどで探す必要があります。
また少し変わったスポーツインストラクターとして、スカイダイビングもあります。
○スカイダイビングインストラクター...
スカイダイビングインストラクターの場合、「ジャンプマスター」の資格を取得し、ある程度のキャリアを有することが必要になります。
そしてスカイダイビングインストラクターの副業収入は、1日15.000円前後になります。
スカイダイビングインストラクターの副業は、高度10.000フィート上空から一気に下降...時間にして4~5分のスポーツかもしれません。
しかしその「アッ」という間の時間に、「鳥のように空を飛ぶ」といった、誰もがすぐに味わうことができない夢のような時間を提供しているのです。
(夢心地 & スリル & スピード)
(※この他の副業としてのスポーツインストラクターには、パラグライダーインストラクター/乗馬インストラクター/カヌーインストラクター等々、様々なスポーツがインストラクターの副業として必要とされています。)

更新情報