情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

改めて知ろう!FXのメリット&デメリット~情報レビュー&暴露~2012.09.14

ここ数年、ネット上を賑わせている
FX(=外国為替証拠金取引)...そしてFX関連のサイトを読んでみると、「誰でも簡単にできる!」「アッという間に、利益を上げることができた!」等々といった言葉が乱立しています。
確かに、一気に利益を得ることができるのも事実です。しかしその裏に隠されているデメリットについて、あまり触れられていません。
ここでは、改めてFXの(メリット&)デメリットについて、しっかり触れてみたいと思います。
FXは証拠金と呼ばれるお金を金融機関に預ける→その資金を元手にして、数倍~数十倍の外貨を得る→その外貨を売買することによって、利益を得る仕組みになっています。
例えば...100万円証拠金でレバレッジ10倍の取引をするとします。この場合、100万円×10倍→1000万円の投資をすることができます。これからもわかるように、外貨投資さえ間違えなければすぐに自分の元手資金の数十倍単位で利益を得ることができるわけです。
しかし...その反面(デメリット)も考える必要があるのです。
つまり赤字(損失)が出てしまった場合、投資資金に対して多額の損失がでるリスクもあるということです。
(※レバレッジとは...少ない資金で大きな資金を動かすことができるシステムをいいます。つまり株における信用取引と同じように、自分の資金を保証金として、それより大きな金額を取引する事ができます。)
そして、為替レートでのデメリットも考えてみたいと思います。
例えば為替レートが1%変動した場合(100万円投資した場合)→1%円安になれば、約10万円の利益/逆に1%円高になれば、約10万円の損失...つまりわずか1%の為替レートが変動しても、これだけの変化があるのです。
さらに為替レートの場合、深夜でも変動することを忘れてはいけません。
(※世界中で為替相場は動いています。例えば日本の深夜時間に、アメリカ相場が動きだします。)
ある意味、昼間は本業に追われ何もできないという人にとって、深夜に為替取引ができることはメリットになるかもしれません。
当然、逆もありきです。
このようにFXは大きなメリットがある反面、大きなデメリットがあることも理解したうえで行う必要があります。
(※「ハイリスク-ハイリターン」という言葉がありますが、FXはまさしくそれに当てはまるのかもしれません。)
ちなみに今回、FXとしてのデメリットとして上記を取り上げましたが、このことは外資投資全般にいえることです。

更新情報