情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

相互リンク~正しい方向性について~~情報レビュー&暴露~2012.10.03

自分自身でホームページ/ブログ等々を作成し、様々な副業に力を注いでいる人は多いと思います。
しかしいくら素晴らしいホームページ/ブログ等々を作成しても、一般ユーザーに見てもらわなければ何も利益を生み出しません。
(※単なるマスターベションに過ぎません。)
この項では自分自身のサイトを一般ユーザーに知ってもらうために、正しい方向性を持つ相互リンクについて考えてみたいと思います。
もちろん相互リンクするといっても、どんなサイトでも良いわけではありません。
私の場合、3つのことを主眼にして相互リンクを行っています。
○自分自身のサイトと同じジャンルのサイトに対して相互リンクを実施する。
○一般から評価が高いとされているサイトに対して相互リンクを実施する。
○相互リンクページの有効性を確認する。
では、1つずつ検証したいと思います。
○自分自身のサイトと同じジャンルのサイトに対して相互リンクを実施する...
例えば、自分のサイトが服飾関係を取り扱っているサイトだとします。相互リンクする際、同じ服飾関係であれば共有の利益があると考えられます。
しかし海産物関係のサイトであれば...お互いに相互リンクしたしても、共有する利益は得られません。
つまりどうせ相互リンクをするのであれば、同じジャンルのサイトと相互リンクする方が有益性が得られるわけです。
○一般から評価が高いとされているサイトに対して相互リンクを実施する...
例えば服飾関係のサイトを運営していて、「服飾関係 相互リンク」で検索→当然、上位表示されている方が有益性があると思います。
(※一般ユーザーに見てもらいやすいため。)
つまり同じジャンルで...しかも評価の高いサイトからリンクを受けた方が、価値があるのです。
(※相互リンクする場合、評価が高いサイト/低いサイトに拘わらず、かかる手間は一緒です。だからこそ...。)
○相互リンクページの有効性を確認する...
相互リンクが貼られているサイトにページランクが付いているかどうかも、有効性を確認するうえで重要になってきます。
もちろんページランクが高ければ高いほど、相互リンクとしての価値(評価)は上がります。
ちなみに私はページランク0~1のサイトとは相互リンクをしていません。
(※ちなみにyahooトップページであれば、ページランク8...これはいかに一般ユーザーが、yahooトップページを閲覧しているかを意味しています。)
是非、みなさんも有効性の得られる相互リンクをして、実益アップに繋げてみてはいかがでしょうか。

更新情報