情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業~成果を求めるなら、行動あるのみ~~情報レビュー&暴露~2012.12.10

「副業をしているけど、一向に思ったような成果が上がらない」...
そうした悩みを抱えている副業者は、一体何が欠けているのでしょうか。
ここからは、私の主観が大きく作用する文章になっています。(あしからず)。
私は副業で成果を求めていると思っているのであれば、とにかく積極的な行動をすべきだと考えています。
例えば会社内で、「こうした考え方は、会社として間違っている。」「直接、上司に直談判してみる。」というように、何事に対しても積極的な社員がいると思います。
実は、副業でもそれぐらい積極的でなければならないと思っています。
確かに「無理をするくらいであれば、現状を維持し続けることが大事。」と考える社員もいると思います。
(※それは、自分自身が会社の社長でないからです。)
しかしせっかく副業に携わってわけですから...現状を打破するために副業を始めたわけですから、積極的な行動を取るべきだと感じるのです。
私が副業(SOHO)を始めたのは、1997年でした。
その当時はまだ個人情報規制法も制定されていなかったため、住所入力やデータ入力等々が業務として一世を風靡していました。
そしてあるデータ入力で、1件/20円という今では想像できないくらい高単価な業務を請け負うことになりました。
(※ちなみに、そのデータ入力業務だけで月々約200.000円収入を得ることができました。)
私はその会社に直接電話を入れ、現在数人で行っているデータ入力を「私だけに任せていただけないでしょうか?もちろん、納期も順守します。」...先方に、こう提案したのです。
後日、先方から電話があり、「それだけ積極的に業務をしていこうと思っているのであれば、全部お願いします。」と。
結局、このデータ入力は2年間続き、約400万円の収入を得ることができました。
(※実は、私は脳内出血で右片麻痺を発症し、否応なしに副業をした経緯があります。だからこそ、積極的行動を起こすことができたのかもしれません。)
副業は本業とは異なり、自分自身が個人事業主=社長です。
社長であるが故、のほほんと落ち着いた状態で副業をするべきではないと思うのです。
更にいうならば副業で積極的な行動を起こさないのであれば、副業をやめて本業で頑張るべきだとも考えます。
この項目を読んでいるみなさんが、どう感じるかわかりません。
ただ...私の経験上、積極的行動が、必ず成果を上げると信じています。
副業で行動を起こすことが、次のステップアップになると信じています。

更新情報