情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

外国から来た旅行者に空き部屋を提供する「Airbnb」~情報レビュー&暴露~2015.08.01

近年、円安の影響(アベノミクス)もあり、日本を訪れる外国人旅行者が急増しています。
それを証明するかのように、昨年2014年度における外国人旅行者は初めて1.000万人を超えました。
そして外国人旅行者の中には、「宿泊先をなるべく安くしたい。」と考えている人が多いのも事実です(連泊するため)。
というのも外国人旅行者は海外旅行に慣れていて、宿泊料金を安くすることによって観光にお金を掛けたいと...(ホームステイ)。
実は、こうした外国人旅行者をターゲットにした副業があるのです。
それが~外国人旅行者向けの民泊サービスサイト「Airbnb」です。
○Airbnbのシステム...
空き室を持っている方がAirbnbに登録することによって、民泊外国人希望者が表れた時点で宿泊の可否を打診してくれるシステムです。
当然のことですが宿泊に問題なければ(諸条件が合えば)、宿泊料金を提示して宿泊をしてもらうことになります。
ではAirbnbのシステムを、もう少し詳細に説明致します。
まず、自身のアカウントを作成してください。
(自分のプロフィール、および空き部屋を掲載。)
ちなみに外国人旅行者に人気のある宿泊先は、古風というか昔ながらの日本的風情の感じられる場所が好まれるようです。
そして肝心の宿泊料金ですが~やはり観光地にある宿泊先は人気が高く、宿泊料金も比較的高くなる傾向があります。
このように空き部屋を提供するAirbnbは、十分副業として利益を得ることができるのです。
(日本円にして平均1泊5.000円(1泊40~50ドル)、連泊する外国人も多いので月の稼働率を15日で換算すると、75.000円前後の副業収入が予想できます。)
また日本人と外国人~物損トラブル等々が発生することもあると思います。
万が一、物損トラブルが発生した場合、Airbnbが8.000万円までは補償してくれます。
ただし貴重品といった管理は、自己責任で行う必要があります。
また宿泊費(賃料)の回収に関してはすべてAirbnbが行い、宿泊から24時間以内にみなさんの指定口座へ振り込まれます。
最後にAirbnbに登録するにあたって、私たちホスト側に唯一の条件があることも忘れてはいけません。
それは、「応対言語=英語」が話せることです(必須)。
自分の英語力をさらに高めたい~外国人の友だちを作りたいと思っている方にとって、Airbnbは最適な副業といえるのでないでしょうか。

更新情報