情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

チャットレディならぬチャットボーイの出現~情報レビュー&暴露~2015.09.30

以前、副業で「チャットレディ」を紹介しました。
チャットレディとはパソコンとネットを利用して、男性とライブチャットする副業をいいます。
そしてチャットレディのメリットは、「高収入である/自宅で好きなときにできる(通勤も可能な場合あり)/実際に人と接する必要がない」ことが挙げられます。
(ただし良質なサイトもありますがアダルト性の強いサイトもあるので、そこは自分自身で確認しなければなりません。)
そんなある日(8月5日)、フジテレビ系列で明石家さんまさんがMCを務めている「ホンマでっか!?TV」を観ていて、ちょっと変わった副業をテーマにしていたので紹介したいと思います。
この時、お小遣いの少ないお父さんのための「ちょっと変わった副業ベスト3」が取り上げられていました。

○第3位「流木販売」...
嘘みたいなホントの話ですが、その辺に落ちている流木を拾って販売する副業です。
ただし、どんな流木でもいいというわけではありません。
「アクアリウム(水槽)のオブジェ/部屋のインテリア」になりそうな、表面の雰囲気が渋い流木を探差なければなりません。
○第2位「お遍路代行」...
お遍路代行は依頼者に代わって、四国八十八ヶ所のお遍路さんの参拝を代行する副業です。
「体力的に自信がない/仕事が多忙で時間的余裕がない」といった人からの依頼が多く、実際、かなりの副業収入を得ることができるそうです。

そして第1位が、チャットレディならぬ「チャットボーイ」だったのです。
チャットレディの副業記事をライティングしながら、「いずれチャットボーイもできるんだろうなぁ。」と思っていたら、本当に副業になっているのでビックリしたわけです。
副業としてのチャットボーイは、チャットレディの逆を考えればいいと思います。
基本的に、客層は20~40歳代の女性がターゲットになります。
もっとも忙しい時間帯は、22:00頃~深夜の1:00ぐらいまで。
パッと考えれば私でもできるのではないか?」と思うかもしれませんが、やはりそういうわけにはいきません。
というのもチャットレディと同じように、お客さんに指名されなければまったく副業収入にならないからです。
簡単にいえば、ちょっと男前であったり、マッチョであったり~そういう男性でなければ...。
もちろん、この場合は色眼鏡的なサイトを意味していますが、人生経験豊かな男性でなければできないサイトがあるのも事実です。
ちなみに、チャットボーイの月平均副業収入は4~5万円~そして、人気者であれば月90万円も副業収入として稼いでいる男性もいるとか...。
「楽しそう」と感じるか、「エロいイメージしかない」と感じるかは個人の自由ですが、とにかくチャットボーイという副業があること自体ビックリしました(まさか!という感じ)。
みなさんは、このチャットボーイという副業をどのように感じましたでしょうか。

更新情報