情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

副業~TimeTicket~~情報レビュー&暴露~2015.11.30

例えば、「○月○日の10時間、個人的にまったく用事もない」とします。
もし自分の余った約10時間を、誰かが買ってくれたら~このように個人の時間を売買できるサービスが登場したのです。
その副業名は「TimeTicket(タイムチケット)」です。
ではここで、もう少し詳細にTimeTicketについて触れてみたいと思います。

○運営会社 「株式会社レレレ」
○代表取締役「山本大策氏」
TimeTicketはあなたの余っている時間をチケットにすることによって、登録している人たちとシェアできるサービスです。
そして発行したチケットは、あなたが承認した人が購入することができるのです。
ここで、実際に副業収入として成立した事例を挙げたいと思います。
・発行者(ホスト)→「○月○日、フットサルの助っ人に行きます。チケット代金は8.000円です。」
・購入者(ゲスト)→「8.000円でチケットを購入。」
こうした発行者のチケットは、TimeTicketのサイトに掲載されています。
そして、購入者はTimeTicketのサイトを見て購入するという形です。
では実際にチケットを発行するには~TimeTicketのサイトにログインして、発行ボタンをクリックしチケット発行画面にアクセスするだけです。
ちなみにTimeTicketでは、ゲストがホストに支払った副業収入の一部を寄付もしています。

このように自分の開いたスペースを売買するTimeTicketですが、ホストがあらゆるものすべて発行できるわけではありません。
もし発行してはいけないモノを発行した場合、TimeTicketが発行したホストを利用停止処分とします。
・金融商品販売/お金に関するチケット。
・スピリチュアルや宗教に関するチケット。
・自己啓発や人生・生き方に関するチケット。
・メンタルや心理・心のケアに関するチケット。
・ネットワークビジネスやMLMに関するチケット。
・美容や健康・ダイエットに関するチケット。
・保険に関するチケット。
・情報商材販売に関するチケット。
・グループでの参加を求めるチケット。
・規制や業法に反するチケット。
上記に明記したチケットからわかるように、金銭に関わることや精神に関わるチケットは発行することができません。
(チケットを購入したゲストに、何かしらの迷惑を掛けるようなチケット。)
もちろん、それ以外であれば何でもチケットにすることができます。
是非、みなさんも自分の開いている時間を売買して、副業収入してみてはいかがでしょう。

更新情報