情報商材レビュー

前のエントリへ   次のエントリへ

マイナンバー制度と確定申告~情報レビュー&暴露~2016.01.01

とうとう私にもマイナンバーが着きました。
しかしマイナンバーが着いたからといって、何がどう変わったのかまったく実感はありません。
何故なら実際にマイナンバー制度が動き始めるのが、2016年1月になってからで...実際に、その時になってみないとわからないからです。
私の場合、個人でしている副業と企業様の依頼業務の2パターンがあります。
実は企業様から、「1月から業務をするとき、マイナンバーを入れてほしい」といったこともまったく言われていないのです。
とにかくマイナンバー制度が導入されて、副業業態がどのように変わるか、また報告したいと思います。
そしてこの項では、マイナンバー制度と確定申告について少し触れてみたいと思います(副業として)。
よく20万円以下の所得であれば、確定申告は不要という話を耳にします。
これって、本当に確定申告を必要がないのでしょうか。
実は、20万円以下だから確定申告をする必要はないということはありません。
確かに税務署への確定申告は不要かもしれませんが、自分自身が住んでいる税務課への申告は必要なのです。
というのも副業としての20万円の収入は、その20万円を支払った事業主が、その副業事業主の給与として支払ったことを税務署(税務課)へ申告すれば無条件にばれてしまうからです。
税務課が、マイナンバーと支払った給与を照らし合わせます。
「確定申告は0円になっているのに、20万円の給与支払いが行われている」のは何故?
とにかくマイナンバー制度の導入によって、副業者はがんじがらめの状態になってしまうのです。
(これは私を含めそうなります。)
よく常識人ぶった輩が、「適切に納税をしていれば、マイナンバー制度が導入されようと何も問題はない。」といいます。
理屈はそうです。
しかし副業をしている人の中には、本業の給与では生活ができないから副業を始めた人もいるのです。
そういう内情を考えれば、やはりマイナンバー制度はどうしても賛成ができないのです。
もっといえば、何千万~何億と脱税している人間ならともかく、たかだか数万円の脱税をイコールと考えられては困るということです。
結局は政府が大赤字国家ゆえに、貧民から僅かなお金でも巻き上げるという方式が成り立っているマイナンバー制度!
テレビでは良いことばかり流れていますが、悪いことも腐るほどあることを多くの賢者は知っています。
2016年1月から、本当にどうなっていくのでしょう...

更新情報